<旧>神のやしろを想う~ぶろぐ(更新終了)

神社写真や鉄道写真、雑記雑感雑想日記なブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉄路が消えるとき~鹿島鉄道

今年の私が「銚子電鉄」にであうまで。
入れ込んでいた鉄道だった。それこそ毎月通っていた鉄道。
茨城県の『鹿島鉄道』

この鹿島鉄道の来年3月末での廃止が確定した。
支援の団体もいろいろ手をうち頑張っていたようであるが、いったんひかれてしまった「廃止という線路」から外れることはなかった。
親会社ではすでに廃止に向けた、その後の動きを検討しており、いまさら廃止以外の選択肢はあり得ないと行った状況のなかで形ばかりの交渉がおこなわれていたようだ。

ただいままで走っていた鉄道が、走らなくなるという事態に、地元の人々はどういう気持ちを抱くのだろうかな?
普通に日常的にあってもなくてもかまわないものという認識なのだろうか・・・
少なくとも鉄道がなくなることによって、その土地は、外部との交流が確実に減ることにはなるが、そんなことは関係ない、ことなのだろうか

毎月に乗り行っていた私ではあるが、致し方ない気持ちでいっぱい。乗りに行けばわかる。
地元の人が乗っていないという事実に。
すでに「乗りに来た人しか乗っていない」という状態。

実は12月23日に鹿島鉄道に乗ってから銚子に向かった私。
車内の空気は重く、そして車内は殺伐としている。
乗客はすべからく「乗りに来た客」
駅に着いては走りだすという動作そのものが緩慢としている。
駅員さんもどことなく落ち着き過ぎている。いってしまえば惰性の行動。
もはや日常としての限界なのだろう。その殺伐とした空気で、窓の外をみればカメラを構えた人間ばかりをみることになる。
鹿島
鉾田駅

もうダメですね。私が愛していた鹿島鉄道は、すでに廃線となっていたようです。
去年の冬から今年の春、そして夏まで、存分に楽しんだ鹿島鉄道の思い出を私は胸にしまっておくことにする。
すでに私の鹿島鉄道は消えてしまっているから。

いままでごくろうさま。鹿島鉄道の思い出を大事にします。

・・・この道を進んではいけない。
いま、悲鳴をあげている銚子電鉄におなじ「鉄」を踏ませては行けない。
まだどうにかなる。どうにかなる可能性があるのだ。

規模はちがえど、5年前10年前のカシテツをどうにかしようという意欲があればどうにかなったかもしれない。地元の人が乗ってくれる交通機関として存在したかもしれない。

今、銚子電鉄は地元の脚として、その真価が問われている。
この鉄道にのってみれば、他の廃線になりそうな鉄道とは違うことがわかるだろう。
地元の人が愛していて、地元の人が使っている「活きた鉄道」だということが。

カシテツを思い出にして、私は銚電に熱意をそそぐ。死んだ鉄道に未練を残すよりも、活きた鉄道を応援したいから。

現金なものかもしれない。
しかし、鉄道ファンは残酷なものだ。
「古いのがいい」「ローカルなのが良い」「人が乗っていないのがいい」と根本が間違ったことを褒め称える始末

さらに残酷なのは「廃止が確定してから騒ぎ出すという事実」
かつておおくの鉄道が廃止になり、そのつど廃止前フィーバーが巻きおこってきた。
鉄道ファンは廃止になりそうな鉄道には興味なく、廃止になると決まってから騒ぐ癖があり、しかも、さわぐだけさわいでおわり。
なんにも役に立たない存在だ。

銚子電鉄の支援で立ち上がっている人間にも鉄道ファンはいる。しかしそれ以上に、他の分野の人間が多いのが特徴。鉄道ファンの間では銚子電鉄はさほど話題にもなっていないようだ。
しょせん、そんなもの。

今回の銚子電鉄に対する活動が軌道にのれば、あらたな鉄道支援のモデルケースになるかもしれない。
すでにNET支援者と鉄道会社の信頼が築かれるという希有のスタートをきっているのだから。地元とNETと鉄道会社。三者三様の大団結がはじまろうとしているのだ。

12/23の鹿島
鹿島
筑波山をみることもあまりなくなるような気がします

鹿島
鉾田にもたいやきがあります

鹿島
鹿島鉄道鉾田駅のたいやきは、いたって真面目に作られており、非常に優等生でおいしいのだが、、、
あの銚子電鉄観音駅のたいやきの、いわば邪道的な破天荒なたいやきにくらべるとパンチ力が弱い、かな。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/29(金) 22:30:47|
  2. 写真-鹿島鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

朝から晩まで鹿島鉄道~10月の秋晴れ~その3

朝から晩までということで。今回の連続更新最後は、定型外の写真を。

かしてつ
PENTAX K100D+DA21mm 1/500 F8.0
フレアが出ているけど、それもまた良し。朝日を浴びるまぶしさを。
朝8時ごろの撮影

かしてつ
PENTAX K100D+DA40mm 1/1600 F9.0
霞ヶ浦に落ちる夕日を浴びつつ。16時50分、桃浦駅付近にて

かしてつ
PENTAX *istD+DA21mm 1/640 F8.0
上と同一地点にて。
霞む筑波山。ちっぽけなレールバス。大きな木と照る夕日のアンバランスさを愛でる

かしてつ
PENTAX *istD+FA50mm/1.4 1/125 F2.0 ISO800
もう完全に日没。それでも無理矢理に撮影。ISOは800まであげました。
600型のシルエットが浮かび上がる霞ヶ浦湖畔

続きへ
[朝から晩まで鹿島鉄道~10月の秋晴れ~その3 ]の続きを読む
  1. 2006/10/09(月) 16:22:26|
  2. 写真-鹿島鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝から晩まで鹿島鉄道~10月の秋晴れ~その2

続いては600型を。。。

かしてつ
PENTAX *istD+FA77mm 1/2000 F4.0
この日は一段と筑波山が奇麗だった。

かしてつ
PENTAX *istD -+FA77mm 1/40 F22.0
ひさしぶりの流し撮り。相変わらず成功率は低い。

かしてつ
PENTAX K100D+F☆300mm 1/400 F5.6
300mmのレンズを手撮りにて。さすがにK100Dの補正は良く効いている。

続きへ
[朝から晩まで鹿島鉄道~10月の秋晴れ~その2]の続きを読む
  1. 2006/10/09(月) 16:01:07|
  2. 写真-鹿島鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝から晩まで鹿島鉄道~10月の秋晴れ~その1

毎月恒例の鹿島鉄道。10/8に行ってきました。

鉄道に興味ない人も多いかと思いますが、恒例なので、そういうものだと思って下さい。
今回はちょっとひと味違います。

まずは431号-432号。
かしてつ
PENTAX *istD+DA40mm 1/1600 F4.0
玉造町駅にむかう432号、直線下り坂を走り抜けます

かしてつ
PENTAX *istD+FA77mm 1/1000 F3.5
浜駅に向けてカーブを疾走する432号


かしてつ
PENTAX K100D+F☆300mm 1/640F7.1
431号はライト点灯走行。石岡に向けて走行中。(常陸小川-四ヵ村間)

続きへ。。。
[朝から晩まで鹿島鉄道~10月の秋晴れ~その1]の続きを読む
  1. 2006/10/09(月) 15:33:24|
  2. 写真-鹿島鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋晴れカシテツ~鹿島鉄道~その3

カシテツ。鹿島鉄道。引き続き。

小川高校下駅付近で、まだ収穫前の稲穂をみつけたので、へばりつき。
カシテツ
PENTAX K100D + FA77mm

カシテツ
PENTAX K100D + DA40mm

[秋晴れカシテツ~鹿島鉄道~その3]の続きを読む
  1. 2006/09/24(日) 23:59:39|
  2. 写真-鹿島鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋晴れカシテツ~鹿島鉄道~その2

さて、イベント列車折り返し。
いつものおなじみの場所で、いつもどおり・・・のはずが
今日はやけにこの場所に達人級の人が多くて、キャノンニコンの白玉高級レンズとペンタックス645もいて巨大系が並びまくり。
あのう私はペンタックスのパンケーキですが。ひとりだけレンズが小さすぎますが。。。
気にしない・・・つもりだったけど、シャッタータイミングが、近所の白玉にパシャパシャにつられて、私もつい早くなってしまった。
そんなわけで、リズムがずれたのでワンテンポ分の寄りが足りないです。
カシテツ
PENTAX *istD + FA77mm

カシテツ
PENTAX K100D + DA21mm

カシテツ
ちなみにこんなヘッドマークでした。


見事な秋晴れの下、黙々と走り続けていくカシテツ。
この光景があと何回繰り返されるのかはわからない。
ただ、その走りを終える時が迫っている。
春の姿、夏の姿はもう見られないだろう。秋の姿も今年が最後。
今、走っているというその瞬間を大切に。
カメラを通してカシテツの勇姿を切り取る作業。
廃止前の、せめてもの記憶にと。
  1. 2006/09/24(日) 22:39:42|
  2. 写真-鹿島鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋晴れカシテツ~鹿島鉄道~その1

本日はとても良い天気。
常磐線石岡駅からいつもどおりに「カシテツ」に乗換。
秋らしい風景を撮りたいな、と思いつつ沿線を眺めていると
・・・稲穂がない。・・・すでに収穫済みでした。
ちょっと焦った私は、降りどころを逃がして、いつもどおりに浜駅に。
ちょwwwwwww
ありえない。。。。。
浜駅で秋桜(コスモス)が、やけくその如く咲き乱れているのですが。

この日の私は
石岡~浜~小川高校下~浜(徒歩)玉造町~小川高校下(徒歩)常陸小川~石岡
という一日。あまり冒険をしなくなったのだ。絵造りがしやすいところを狙っていて、失敗を恐れていますね。

まずは、ありえさなすぎな浜駅でのコスモスからどうぞ。
カシテツ
PENTAX *istD + DA40mm

カシテツ
PENTAX K100D + FA77mm

カシテツ
PENTAX *istD + FA77mm

さすがにFA77mmリミテッド。その描画力には脱帽ものです。
ただし115mm換算になるので、いささか使いどころを選ぶレンズ。



[秋晴れカシテツ~鹿島鉄道~その1]の続きを読む
  1. 2006/09/24(日) 22:20:42|
  2. 写真-鹿島鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の彩り~鹿島鉄道・2

続き。長玉はしまって、小型軽量の本領発揮
かしてつ
浜駅にて。名を知らぬ花ではあれど。FA77mmリミテッドレンズのボケ自慢。
K100D+FA77mmF1.8  1/640 F7.1

かしてつ
このシャープな写りがFA77mmの自慢でもある。同じく浜駅にて
K100D+FA77mmF1.8  1/640 F7.1

かしてつ
もはや「ひまわり」の写真。
K100D+FA77mmF1.8 1/1250 F5.0

かしてつ
レンコンの花を。
K100D+M135mmF3.5 

かしてつ
小川駅にて交換風景。
istD+DA21mmF3.2

そんわわけで「かしてつ」
今回は鹿島鉄道終点の鉾田駅から新鉾田駅までいって、鹿島臨海鉄道に乗り換え。
鹿島神宮に行ってきたのだ。
鹿島鉄道の前身は「鹿島参宮鉄道」
そんなわけで鹿島鉄道は鹿島神宮参宮をするのが長年の夢?だったわけで。
とりあえず行けと、そんな声が聞こえるのであった。
鹿島神宮はちょうど一年ぶりの参拝でしたが、それは次の話にて

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/09(水) 21:55:03|
  2. 写真-鹿島鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の彩り~鹿島鉄道・1

8/6 毎月恒例の「鹿島鉄道」

さて今回の私の装備はいつもよりも比較的軽量
PENTAX *istD
PENTAX K100D
本体をふたつ。
レンズは
DA21mmF3.2LTD
DA40mmF2.8LTD
FA77mmF1.8LTD
M135mmF3.5(マニュアルレンズ)
K300mmF4(マニュアルレンズ)
の単焦点5本だけ。すでにズームレンズを持ち歩かない時点で、いろんなことが終わっていると思う。

まずはK300mmF4という大口径で撮影。カメラはK100Dで、一脚を使用。手ぶれ補正のおかけで、一脚で充分なのだ。以下は全て四箇村-常陸小川間で撮影
かしてつ
朝靄の中で常陸小川駅入線中のKR-502号

かしてつ
朝靄の先へと向かうKR-501号。(後追い)・・・というか乗客乗っていねぇ~

かしてつ
常陸小川駅に向かう601号。そろそろ明るくなってきた。
上3枚はK100D+K300mmF4にて撮影。

かしてつ
夏色の水田をのぞむKR-502号。
これはistD+DA21mmで撮影。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/09(水) 21:38:04|
  2. 写真-鹿島鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の狭間に初夏の彩り.4 鹿島鉄道

二連を迎え撃たなければならない。
ところが小川まできていると、もう場所は限られてくる。
かしてつ
PENTAX *istD + DA21mm <1/800 f8.0 +0.3>
この自然的な長閑さが大好きです。青々とした空間が、清清しい初夏の日差し

かしてつ

PENTAX K100D + DA40mm <1/400 f8.0 +0.3>
上記の後追いです

この日は、実験的な意味合いもあって、いろいろなレンズを抱えていったが
使用したレンズは極めて限られた。
PENTAX *istD本体
PENTAX K100D本体

使用レンズ
DA21mmF3.2LTD
DA40mmF2.8LTD
FA77mmF1.8LTD
K300mmF4

結局レンズは上記4本しか使わなかった。
どうやら荷物の軽量化をした方が良いようだ
恐らくは、もうズームを使わなくても私は大丈夫かもしれない。
今もっている単玉で、80%はカバーできると思う。
DA21mmF3.2LTD
FA28mmF2.8
DA40mmF2.8LTD
FA50mmF1.4
FA77mmF1.8LTD
M135mmF3.5(マニュアル)
M200mmF4(マニュアル)
K300mmF4(マニュアル)

すでに
DA16-45mmF4
DA50-200mm
TAMRON 28-75mmF2.8
ですら出番がないという事態。なにやら勿体ないような気もする。
16-45mmは広角域しか用事もないし。

さて。
企画中の案です。
「鹿島鉄道念願の鹿島神宮詣でへ」
鹿島鉄道は、鹿島神宮へ参宮する目的の元に建設された鉄道。
しかし鉄道で結ぶというその夢は叶わなかった。

でもせっかくだから、鹿島神宮に行ってあげましょうよ。
最後の日まで、平穏無事に走り続けることを祈願しに行きたいと思います。
鹿島臨海鉄道
新鉾田→鹿島神宮
1315→1433
1403→1514
鹿島神宮へ。
実は7月-8月はあまり休みがない自分なのだ。

余事ついでに伝達
8月15日は今年は仕事です。
開門から朝8時までは靖国境内にいる予定ですが、そのあと出社します。
  1. 2006/07/16(日) 21:40:29|
  2. 写真-鹿島鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

メインサイト


神のやしろを想う

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

自己紹介

ブログ管理人:伊達青衝
サイト「神のやしろを想う」
の運営者





神社好き
 ・埼玉の神社
 ・武蔵国延喜式内社


鉄道好き
 ・ローカル私鉄全般
 ・銚子電気鉄道


PENTAX党
 ・*istD 2台
 ・K100D
 ・K10D
メイン使用レンズ
 ・DA21mmF3.2Limited
 ・FA28mmF2.8
 ・FA35mmF2.0
 ・DA40mmF2.8Limited
 ・FA50mmF1.4
 ・FA77mmF1.8Limited
 ・F☆300mmF4.5
 ・DA16-45mmF4ED
 ・DA50-200mmF4-5.6ED



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ

バロメーター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

RSSフィード

_

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。