FC2ブログ

<旧>神のやしろを想う~ぶろぐ(更新終了)

神社写真や鉄道写真、雑記雑感雑想日記なブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箭弓稲荷神社

埼玉県東松山市に鎮座。

日曜日。埼玉県の免許センターは鴻巣にある。非常に不便な場所。免許の更新をすっかり忘れていて、ギリギリのタイミングで行ってきたのだ。
川越からバスに乗って鴻巣へ。帰りは鴻巣から東松山駅までバスにのってきた。そして東松山には東上線北部地域で有数の神社である「箭弓稲荷神社」が鎮座しているから、寄り道。

『箭弓稲荷神社』(県社・別表神社・やきゅういなり神社)
神のやしろを想う・掲載ページへ

御祭神
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ/保食神うけもちのかみ)
豊受比売神(とようけひめのかみ)

創建は和銅五年と伝えられ、規模の雄大さと社殿の壮大さは、関東に比なき稲荷大社と称せられ、里人の信仰の的になっていた。
第68代の後一条天皇の長元元年(1028年)下総国の城主、前上総介平忠常が、下総で反乱を起こし、安房・上総・下総を手中に収め、大軍を率いて破竹の勢いで武蔵国に押し寄せてきた。
長元3年秋、平忠常討伐を命ぜられた冷泉院の判官代甲斐守源頼信(多田満仲の子、頼光の弟)は、武蔵国比企郡松山の野久ヶ原に本陣を張り、当社にもうでた際に敵退治の願書を呈し、一夜祈願をしたという。その晩、白羽の矢のような形をした白雲が起こって敵陣地に飛んでいった。(一説には白狐に乗った神が弓矢を授けた夢を見たともいわれる)
源頼信は、これこそ神のお告げと感じ取り、ただちに兵を起こして敵陣に攻め込んだ。平忠常の軍は不意をつかれて敗北し、ついには壊滅してしまった。源頼信は勝利凱旋の際に立派な社殿を再築し「箭弓稲荷大明神」と、以後の社名は箭弓稲荷と称せられ、信仰をあつめたといわれている。
現在の社殿は享保3年(1718年)領主、島田弾正が四方の信徒と図って建築したものであるといわれている。本殿は正面5.43メートル、奥行5.15メートルあり、屋根は切妻単層三重垂木の銅葺でできている。本殿には幾多の彫刻が施されており、また本殿内部は日光廟を模した感じであるという。
また境内には「ボタン園」があり、関東随一の名園ともいわれている。

箭弓稲荷
正面参道から


箭弓稲荷
拝殿

箭弓稲荷
本殿

箭弓稲荷
境内東側の摂社・宇迦之魂社 摂社は典型的に稲荷らしい気配

ちょうど赤ちゃんを連れた親子連れがひっきりなしに参拝するタイミング。地域住民に愛されている気配するそんな光景が神社として和やかなる空間でもある。
東武東上線沿線の有名神社として川越「氷川神社」と東松山「箭弓稲荷」がやっぱり筆頭だろうなあ、と思っている私です。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/03(火) 00:46:31|
  2. 写真-神社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<荒野流転~GyaO | ホーム | うぐぅの季節>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://skyimpulse.blog36.fc2.com/tb.php/177-14fde6df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メインサイト


神のやしろを想う

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

自己紹介

ブログ管理人:伊達青衝
サイト「神のやしろを想う」
の運営者





神社好き
 ・埼玉の神社
 ・武蔵国延喜式内社


鉄道好き
 ・ローカル私鉄全般
 ・銚子電気鉄道


PENTAX党
 ・*istD 2台
 ・K100D
 ・K10D
メイン使用レンズ
 ・DA21mmF3.2Limited
 ・FA28mmF2.8
 ・FA35mmF2.0
 ・DA40mmF2.8Limited
 ・FA50mmF1.4
 ・FA77mmF1.8Limited
 ・F☆300mmF4.5
 ・DA16-45mmF4ED
 ・DA50-200mmF4-5.6ED



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ

バロメーター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

RSSフィード

_

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。