FC2ブログ

<旧>神のやしろを想う~ぶろぐ(更新終了)

神社写真や鉄道写真、雑記雑感雑想日記なブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

氷川丸と氷川神社

横浜に係留されてきた往年の名船「氷川丸」。その一般公開45年が幕引きされる時が迫っている。
http://www.hmk.co.jp/index.html

氷川丸。
もとは日本郵船の社船。
三菱横浜造船所において建造され、1930年(昭和5)年4月25日に竣工。
「氷川丸」の船名は、氷川神社による。
「北太平洋の女王」として北米航路の花形として君臨。

1932年(昭和7年)に、喜劇王チャーリー・チャップリン氏乗船。
1937年(昭和12年)に、秩父宮両殿下が、横浜港まで乗船。

1941年(昭和16年)、太平洋戦争勃発とともに日本海軍に徴用。
主として南太平洋海域において、病院船として活躍。
1945年の終戦まで沈没することなく活躍し終戦後も、復員輸送に従事。
1953年(昭和28年)には、再び改装工事が行われ、太平洋を横断する唯一の本格的客船としてシアトル航路に復帰。

1960年(昭和35年)10月、現役生活を引退。
1961年(昭和36年)に横浜港・山下公園に係留。

そして
2006年12月25日をもって、その一般に公開されてきた営業が終了されてしまう。

戦前から就航し戦中を生き延びたその貴重な歴史の証言者。
その姿を、見ておかねば後悔することが目に見えていた。

そんなわけで、12/9。雨の降る中、ようやく出来た時間で横浜に赴く。

氷川神社
氷川丸

氷川神社
マリンタワーから見た氷川丸

氷川神社
山下公園から赤レンガに向かう船からみた氷川丸



氷川神社
艦橋の操舵室後方に神棚があります

氷川神社
氷川丸の安全を見守ってきた氷川神社御分霊の神棚

氷川神社
氷川丸船内の氷川神社に拝するためにわざわざ脚を運んだのだ。

IMGP2782.jpg



氷川神社
氷川丸船内の階段の手すり。そこには「氷川神社の神紋」がデザインされていた

氷川神社
氷川丸とおなじく閉館するマリンタワー。

スポンサーサイト
  1. 2006/12/13(水) 22:47:12|
  2. 写真-神社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PENTAX HOYA キタコレ | ホーム | 横浜赤レンガ~夜景>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://skyimpulse.blog36.fc2.com/tb.php/241-473eafb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メインサイト


神のやしろを想う

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

自己紹介

ブログ管理人:伊達青衝
サイト「神のやしろを想う」
の運営者





神社好き
 ・埼玉の神社
 ・武蔵国延喜式内社


鉄道好き
 ・ローカル私鉄全般
 ・銚子電気鉄道


PENTAX党
 ・*istD 2台
 ・K100D
 ・K10D
メイン使用レンズ
 ・DA21mmF3.2Limited
 ・FA28mmF2.8
 ・FA35mmF2.0
 ・DA40mmF2.8Limited
 ・FA50mmF1.4
 ・FA77mmF1.8Limited
 ・F☆300mmF4.5
 ・DA16-45mmF4ED
 ・DA50-200mmF4-5.6ED



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ

バロメーター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

RSSフィード

_

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。